• HOME >
  • 設備人員基準

設備人員基準

人員基準

1.常勤管理者

常勤職員で、原則管理者業務を専従でおこないますが、業務に支障がない場合に限り、生活相談員や、同一敷地内の他事業所の職務を兼ねることができます。

2.生活相談員

通所介護の提供を行う時間(営業時間)を通して、原則1名の配置が必要です。

【必要資格】

□社会福祉士 □社会福祉主事 □精神保健福祉士

※都道府県によっては、介護福祉士や介護支援専門員でも可能な場合があります

3.看護職員(看護師・准看護師など)

通所介護の提供を行う時間(営業時間)を通して、原則1名の配置が必要です。ただし、看護業務に支障をきたさない範囲で、兼務(機能訓練指導員など)をすることも可能です。

4.介護職員

利用者15人以下の場合は、通所介護の提供時間に1名以上の配置が必要です。利用者が15名以上の場合は、おおよそ【15名~20名】は+1名というような形で、人員を配置する必要があります。また1名は

※実際には、厚労省が提示している計算式で、配置人数を計算します

※介護職員もしくは、生活相談員のうち1名は、常勤職員である必要があります

5.機能訓練指導員

事業所ごとに、下記資格保有者1名を、機能訓練指導員として配置する必要があります。

  1. 理学療法士
  2. 作業療法士
  3. 言語聴覚士
  4. 看護師・准看護師
  5. 柔道整復師
  6. 按摩マッサージ指圧師

※看護師との兼務は可能

設備基準

  1. 食堂、機能訓練室、静養室、相談室、事務室、トイレ、玄関(通所介護事業所専用のもの)、浴室(入浴介助をおこなう場合)の設置が必要です。

    ※食堂と機能訓練室は兼用可能です。

  2. 食堂と機能訓練室の合計面積が、利用者1人当たり3m2以上である必要があります。

    ※事務室等への通路などは、原則として機能訓練面積に含めることは出来ません。

  3. 相談室は遮蔽物・パーテーション等の設置などにより相談内容が他に漏洩しないよう配慮が必要です。

  4. 消火設備その他の非常設備消防法その他法令(建築基準法等)に規定された設備を確実に
    配置しなければなりません。

運営基準

  1. 通所介護サービスの提供開始前に、運営規定の概要など(重要事項説明書)や、契約を文書を交付して説明をおこない、同意を得る必要があります。

  2. ケアプランに沿った通所介護計画書を作成し、内容を書面で説明し、同意を得る必要があります。

  3. 利用定員を超えるサービス提供をおこなってはいけません。

  4. 人員配置基準を守り、利用者に対し適切な通所介護を提供できるよう、従業者の勤務体制を定めておかなければなりません。

  5. 通常のサービス提供地域を超えて行なう場合の送迎費、長時間又は超過時間のサービス費用、食材又はおむつの費用、その他日常生活の為の物品費用などについて、料金表などに明確に記載する必要があります。